日本語学習者による,日本語・母語対照データベース

HOME 作文対訳DB 発話対照DB

発話対照DB

発話対照DB

  1. データベース概要
  2. データ数
  3. データ収集

1. データベース概要

このデータベースは,日本語学習者(中国語,韓国語,タイ語母語話者)による日本語の発話と,それとほぼ同内容の母語発話とを収集・整理したものです。また比較のため,同じ課題に基づく日本語母語話者の日本語発話データも収集しています。

発話課題は「スピーチ」「ロールプレイ(あらすじあり/あらすじなし)」の2カテゴリに分かれています。

このページでは,日本語・母語発話を文字化したデータを公開します。

2. データ数

発話者数は,

  • 中国語母語話者(CN):69名
  • 韓国語母語話者(KR):70名
  • タイ語母語話者(TH):51名
  • 日本語母語話者(JP):57名

です。これらの方々が,スピーチ4課題,ロールプレイ4課題について発話しています(学習者は日本語及び母語で,日本語母語話者は日本語のみで発話しています)。

3. データ収集

データ収集は,以下に示すように,第1期,第2期の2回に分けて行いました。

発話者数 収集時期 収集場所※1 ロールカード※2 学習者の日本語RP発話者※3 SPOT※4
第1期 CN:49 2002~2003 CN:日本国内 あらすじあり 学習者同士 非実施
KR:49 KR:日本・韓国
TH:31 TH:日本・タイ
JP:37 JP:日本国内
第2期 CN:20 2003~2004 CN:中国 あらすじなし 学習者と日本人 実施
KR:21 KR:韓国
TH:20 TH:タイ
JP:20 JP:日本国内

※1:第1期の発話者は,出身地,日本滞在歴等の条件が統制されていませんが,第2期の発話者については,「北京/ソウル/バンコクまたはその隣接地域の出身者」「1か月以上の日本滞在経験はない」という条件で統制されています。

※2:第1期のロールプレイのロールカードは,話のあらすじまで指定されていますが,第2期のロールカードは状況設定のみが指定され,話の進め方は発話者に任されています。

※3:第1期の日本語ロールプレイは,学習者同士が「日本人になったつもりで,日本語で」行いましたが,第2期のロールプレイは学習者と日本人とが行いました。

※4:第2期の発話者には,発話の録音の前に,短時間で実施できる日本語テストであるSPOT(Simple Performance-Oriented Test)を実施し,その点数を記録しました。

PAGE TOP